2021年8月 北岳・間ノ岳登山記録3日目 降りるのは一瞬

スポンサーリンク

ベンチレーターの隙間から外を覗く。
すると赤い筋が見えます。
食事道具を揃えて外に出ました。

とても美しい朝焼け。
至る所でシャッター音が聞こえる。
そして音が止まって眺める。
皆、そうしてただただ朝焼けを愛でました。

寒いので料理しながら景色を眺め続けます。
メロンパンを齧り、棒ラーメンを啜る。
スープで温まったチキンサラダもうまい。
雲海に漂う富士山を眺めながらの最高の朝です。

山小屋で記念のバッチを購入しました。
北岳のものでなく、間ノ岳のバッチです。

6:50
肩の小屋を出発します。
7:00には運搬用ヘリコプターがやってきます。
少しのんびりし過ぎてしまったようです。

小太郎尾根分岐までの道も最高に気持ちがいい。
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳を眺めます。
青空の下、涼しい空気の中をのんびり歩く。
稜線歩きもまた登山の楽しみの一つです。

小太郎尾根分岐を超えると後は下るだけ。
登るときはあれほど辛かった右俣。
今は無心で足を運ぶだけです。

天気が良くなったので登山者が多い様子。
道を譲る度に、登りの辛さを思い出します。
「ここを越えれば後は絶景ですよ」
心の中で応援します。

バスの時間を気にしながら下ります。

途中、大きな荷物を背負った年配の方に抜かれました。
健脚だな、と感心して見ていました。
しかしまた追いつきました。

小川のような登山道で僕が後ろに着きます。
それがプレッシャーになったのか、何度も足を滑らせる。
心配になって声をかけました。
怪我はないようです。

結局、道を譲ってもらいました。
正直、歩みの速度に自信はありません。
しかし追い抜いた方がよさそうです。
登山道の残りも少ない。
足早に進むことにしました。

10:40
広河原山荘到着しました。
無事、登山完了。
バス停まで行き、バスに乗り込みました。

マスク、アルコール消毒、飲食禁止。
急に現実に戻ったような車内でした。
それでもスマホを見ればあの美しい景色が残っています。

疲れて沈み込むような車内の中。
今たどった山々の緑を眺め続けました。
山の旅はこうして終わりました。

中腹と八本歯のコルあたりが一番辛かった。
でも、荒天と好天。
山の二つの顔を見れたのは、何よりの幸運でした。
心躍らせる山の生活。
これだから、登山はやめられません。

移動距離 7.18km
消費カロリー 1199kcal
移動時間 4:18:07

北岳・間ノ岳登山
移動日

一日目

二日目

持っていった道具の紹介

動画