ダイエットの食事制限。食べる量を減らすにはずばり”空腹を知る”ということ。

スポンサーリンク

たいきちです。
今回は食事制限についてお話しします。

僕はこのブログで何度も運動しつつ食べることを強調してきました。

なので、今回の記事は走る体力がついてきた方だけごらんください

もちろん、体力が無いうちでもできないことは無いと思います。
腹八分目が体にいいことはよく言われていることです。

でも、ダイエットしながら食事をとらないって、やっぱり不安です
運動しつつ食事もしっかり。
そのことだけお忘れないようにお願いします。

では参ります。

僕は元々太っていました。
運動はあまりしないし、食べることも好き。
そんな僕が、職場では

「食べている姿が想像できない」

とまで言われました。

コツは簡単なことです。
それは”空腹を知る“ということです。

これはぜひ一度体験していただきたいです。
とにかく食べない時間を長くするんです。
では、どうやって”空腹を知る”ことができるのか?

夜にごはんを控えて、朝起きる。
それからしばらく食べずに過ごす。

しばらくすると、当然お腹が空きますね。
何か食べたくなります。
でも、しばらく我慢。
水だけは飲んでください。
砂糖の入っていないお茶やコーヒーもいいです。
お茶やコーヒーは水分が排出されます。
やはり水がいいですね。

我慢し続けていると、
お腹が空いているのに食べなくてもいい気分になります

断食などで得る感覚もこれなんでしょうか。

この感覚は、本当に体験していただかないと分からないと思います。
お試しになるなら、土曜の夜からがおすすめです。
夜に食事を少なめ。
仕事や学校が無い日曜日に実行。
そういったスケジュールです。

話を戻しましょう。

この「食べなくてもいいや」状態。
このときに食べ物を口にしてみてください。

あ、体に栄養が入っていく。

そんな風に思われるはずです。
この状態になると、少しの食べ物で十分満腹感を得られます

飢餓状態にして、適切な食事量を再セット。

そんな働きを感じることができます。

一度、食べない時間を長く取ってください。
そしてぜひ”空腹を知る”ことを体験してください。

これだけで本当にむだな食事を押さえることができるようになります

もちろん、ずっと食べない、はダメ
バランスの良い食事を、適切な量食べることだけは絶対に忘れないようにお願いします。

できればしっかりとした食事をとってください。

糖質控えめな食べ物だと、ダイエットには最適。

とは言え、ここは普通の食事でもいいと思います。

ぜひ、一度、この「栄養が体に入っていく感じ」、
ご自分でも体験してみてください。

もしすぐに食事制限をしつつ運動するのであれば
オーバーワークだけは避けてください。

下記のリンクをご参考に、少しずつにしてください。

何度も申しますが、
くれぐれも食事はきちんととる。
この基本だけは忘れずにお願いします。