食べ方を工夫すればダイエットは楽になる。体重を30kg落とした時の食べ方のコツは”時間”。

スポンサーリンク

たいきちです。

今回はダイエットの時の食べ方について説明します。
どうやって食べ過ぎをがまんしたのか。
そのことについて書きたいと思います。

コツよりも大事なことは満腹感を感じること。
自分がどこまで食べるとお腹いっぱいとかんじられるのか、ということ。

それらに関しては、以下の記事をご覧下さい。

お腹がいっぱいラインが分かってからでないと、食べ方を工夫しても効果は薄いです。

では、その食べ方のコツは何か?

・よく噛んで食べる。
・炭水化物から食べないようにする。
・食後に水分をとる。
・食後の歯磨き。

この四点になります。
この食べ方で、僕はずいぶん食欲を抑えることができました。

一つ一つ、説明します。

よく噛んで食べる。

これはよく聞く食べ方ですね。
ただ、僕の実感だと、噛む回数を増やしても満腹感がふえることはありませんでした。

ただ、よく噛む=時間がかかるというのは正しい。
食べる時間が長くなると、確かにお腹が一杯になりました
まずはしっかり噛んで時間のかかる食事を心がけてください。

そしてここで大事になるのが、先ほどのお腹がいっぱいラインです。

お腹がいっぱいになるな、という感覚を自分で意識しながら、よく噛みます。
そうすることで、自分の中に食べ物が入ってくる感覚が分かってきます。
「あ、お腹がふくれてきた」という意識をしっかりしましょう。

この感覚、とても大事です。
リンク先の記事をしっかりご覧いただいて、時間をかけて食べましょう。

炭水化物から食べないようにする。

これはとても実感しました。
一番感じたのが、自分で作ったパンを食べたとき。

あー、お腹が一杯だな、という感覚とともに急激な眠気がやってきました。
そしてそのまま居眠り。
これはよくないですよね。

原因は炭水化物による急激な糖の摂取らしいです。
血液中に増えた糖を押さえるインシュリンが増加。
体の中の大混乱で体が疲れてしまう。
簡単にいえばそんな所だんたのでしょうか。

それを押さえるためには、低糖質のパンを選ぶか、食べる順番をきちんと決めなくてはいけません。
だから、食べる時は、水分や野菜を始めに選ぶのはとても大切なことです。

体の中に急激に糖分が入り込むような食べ方は控えましょう。

水分を上手に使う。

食べながら水分を取ることは前述の通りです。
水、お茶、コーヒーなんでもいいので糖分のない飲料を多めに取りましょう。

そしてもう一つ。
食後の水分補給です。

これも同様。
水、お茶、コーヒー、なんでもかまいません。
こちらもやはり糖分0のものを選びましょう。

これも実感なんですが、食べ終わったとき、食欲が止まらない時ってありませんか?
まだたべたいな。
もっとお腹に入るな。
そういう感覚、よくありました。

でも、食後に水分を取ると、その欲求がとまります。

食べ物が水分で膨らむのか?
何かしらの作用が体の中にあるのか?
食べるけじめがつくのか?

正直、僕にはわかりません。
でも、食後に水分をとると、確実にもっと食べたいという欲がおさまりました。
どうしても食べたいときは多めに水を飲んでみましょう。

食後の歯磨きをする。

これは食欲の抑制と完全なけじめです。

もう食べ終わったんだ。
そういう契約がわりの歯磨きです。

一度、歯を磨くと汚すのは嫌になります。
そして口の中がすっきりする頃には、食欲を減らせます。

口の中に食べ物の気配を残しておくと、もっと食べたくなるんですよね。
だからその状態をリセットしましょう。
単純なことですが、結構効果がありました。


以上、四つの点を守れば、ずいぶん食べたい気持ちを抑えることができました。
どうしても食べたい。
そんな時は食べてしまってもいいです。
そのためのレコーディングダイエット同時進行です。

どこかで甘くしたら、どこかで厳しく。
この気持ちを忘れずにマイペースで続けよう、です。
それで30kgぐらいやせちゃいましょう!