結論:ほとんど気にしない ダイエットの時の食事メニュー

スポンサーリンク

たいきちです。

今回はダイエット時の食事についてお話しします
……いや、実はほとんど話すことが無いです。
一応、私がダイエット時に取っていた食事の例についてのリンクを貼っておきます。

運動をして食事制限も厳しくしてしまった失敗談です。
やっぱり、食べる物はしっかり食べた方がいいと思います。

ではなぜこんな記事を書いているか、というと
「やらない方がいいこと」があるからです。

僕はダイエット記事を書くとき、
①運動して体作り
②運動+ダイエット

の二つに分けて考えています。

①のときは絶対に栄養を取った方がいい。
もちろん②の段階を楽にするためにムダ食いは控える。
(たまに大食いはアリ)。

でも逆に言うと注意することはそれだけです。
僕の経験では「肉を食べた方がいい」ぐらい。
体力もやる気も上がる気がします。
いいお肉を食べましょう!

②のときは目標以上に体重を落としたときが注意。
体の中の栄養が圧倒的に足りない状態。
体が食物から栄養を極力得ようとします。
結果……便秘!
経験したことの無いすごい便秘でした。
どんなに野菜をとっても変わりません。
漢方薬なども試しました。
でもかえって体調を崩すことに……。
この失敗談はまだまだ先の話。
別の機会にお話しします。
まあ、野菜はそれでもとりましょう、という話です。

話を戻します。
①の体作りの時はきちんと食事をとる。
②の食事制限の時は野菜を多めにとる。

結局、当たり前の結論でした。

ただし逆に、やらない方がいいことがあります。
それは体作りの時のカロリー管理

体作りができるとストイックになりがち。
カロリー計算を始めるとしてしまうんですよ。
我慢を。

ここまでできるんだから……という考え。
これは体を壊す元になります。
まずはしっかり体を作りましょう。
ここでもくどいですが……
マイペースでがんばろうです。

一応、すぐにできる食事制限の目安はリンクを貼っておきます。
体ができる前は無理な制限はお控えください。
リンク先ぐらいのカロリーであれば満腹感も得られるはずです。

食べることを我慢しない。
食事はある程度食べたい。
そのバランスが取れる方なら
食事制限も同時で大丈夫です。

体力がついてきてダイエットをめざせる。
その時まではきちんと栄養を取りましょう。

ダイエット時の食事。
気をつけるべきことはそれだけ。

ほとんど気にする必要なんてないんです。
バランスの良い食事をしてください。
うーん、当たり前すぎる。

できれば、満腹感のある食事がいいと思います。

糖質は取りすぎないようにこころがけるのもいいでしょう。

でも、食事をほとんど気にしなくても30kgは落とせます!