ダイエットのために毎日運動を続けられた2つの理由 運動が苦手な人ほど365日運動が続けられるかも

スポンサーリンク

今日は毎日ランニングを続けられた2つの理由を説明します。
そして運動が苦手な人ほど運動を続けられる可能性があるのでは?とも思っています。
あわせてこちらもお話しさせてください。

まず、先に結論を言います。
毎日運動するコツは絶対に他人と比べないことです。

結論は言ってしまいましたが、一応、説明します。

僕が体重を30kg落とすことができた理由。
それはやはり毎日運動を続けていたからです。
つまり毎日運動=毎日ダイエットということですね。

毎日運動。毎日走る。
面倒くさいですね。
何を好んでランニングなんてするのか……。

僕もそう思っていました。
そしてそういう運動嫌いがダイエットの壁の一つになっていると思います。

では、なぜそんな僕が毎日運動できたのでしょうか。
その理由は

 ①毎日運動できる体になっていたから。
 ②毎日運動できる心になっていたから。

この二つだけです。
当たり前のことですがとても大切なことなのでさらに説明します。

ここで僕のエピソードを語らせてください。

元々僕は運動が本当に苦手でした。
一番嫌な記憶はマラソン大会のビリです。

学校でのマラソン大会の距離は10kmでした。
嫌々走り出して、どんどん追い抜かれる。
途中歩きながら、それでも「ビリにはなるまい」とムシのいい考え。
競技場に戻ってきて、あとトラック一周となったとき、声が聞こえました。
「もうダッシュするなよ」
体育の先生がそう言ったんだと思います。

その言葉ですごく安心しました。
へとへとで足の裏がものすごく痛んでいました。
靴でこすれて水ぶくれができていたみたいです。
「ああ、もう走らなくていいんだな」
「ビリじゃなくて良かった。」
その瞬間、後ろからダッシュで僕を追い去る影。
えっ、と驚いている間に、その影はさらに前に出る。
追いかけても追いつけない。

そのときは本当に疲れたし本当に恥ずかしかったです。
全生徒が見守る中。
前の人とのビリ争いみたいになって……。

運動が嫌いな人間は、これを何度も体験します。

運動する→恥をかく→運動が嫌になる→嫌な気持ちで運動する→……

の悪循環。
そして多分、これが運動を嫌いになる理由なんです。
悪循環が重なって、運動への悪い印象がどんどん強まるんです

でも数年後。

まわりには誰もいません。
だから僕は気兼ねなくマイペースで続けようを繰り返すことができました。
どんどん走れる距離ものびました。
最終的には10km以上でも全然平気。
走ることに慣れてしまって、走ってる最中にもお腹が空くし眠くなるんです

空腹と眠気を感じたことは嬉しかった。
だって、それは運動することが当たり前になった証拠ですから。

マラソン大会でビリだった人間。
それが毎日10kmのランニングをこなせる体になったのです。

お分かりでしょうか。
結局、僕は少しの運動でもマイペースで続けようを繰り返しただけです。
まわりを見ない。
ペースを決める。
効果なんて気にせず淡々と続ける。

僕は、本当に単純な人間なんです。アホですね。
でも、ただそれだけで①毎日運動できる体になっていたんです。

1日1km。
腕立て伏せ10回。
腹筋20回。

僕が始めた時はそれぐらいでした。
また言います。
その大した運動量でない運動をマイペースで続けようの精神で続けたんです。

そうして……
もっといけそうだな、と思ったら距離を増やす。
腕立て伏せも腹筋も増やす。
スクワットもつけてみる。
一回もできなかった懸垂が何十回もできる。
全部、マイペースで続けようだけなんです。

ちなみに話の過程で②にもつながる答えも出ています。
ぜひ見返してみてください。

……

……

もったいぶってすみません。
少しやってみたかったので……。
正解は悪循環の話です。

僕は運動が嫌いだと思っていました。
でも、マイペースで続けようを繰り返して気づいたんです。
「体動かすのって、実は楽しいじゃん」ということ。

人と比べることなく、たった一人で走り続けた。
だからこそ見つけられた新しい自分の心です。
そしてそれは自分でもできることをコツコツと続けたからからなんです。

運動嫌いは単なる印象の問題。
できない訳ではない。
そしてこれが運動が苦手な人ほど365日の運動を続けられるかもにつながります。
体を動かしてみて、その楽しさに気づく。
運動が苦手だった人ほど、その気持ちが強くなります

実際に僕は走り続けてそのことに気づけました。
誰と比較されることもないのびのびとした気持ち。
マイペースでできる軽い運動。
それが②毎日運動できる心になっていたからにつながったのです。
人と比べないでただやるべきことをしよう、という心です。

運動が嫌。
運動は面倒。
そういう気持ちが強い方こそ始めてみてください。
少しずつでいいので運動してみてください。
きっと価値観が変わります。

2週間目標のメニューはすでにお伝えしました。
運動嫌いな方ほど、運動を楽しめる気持ちが強くなります。
ここまで読まれた方は、すでに毎日運動できる心になっています。
あとは人と比べないで、簡単そうなメニューを始めてみるだけ。

足の速い人と自分を比べないでください。
これっぽっちの運動、なんて思わないでください。
絶対に他人と比べないでください。

マイペースで続けようです!

ダイエットノウハウ
たいきちのかんがえごと 〜ニュースと山とダイエット〜