ダイエットのためのランニング マラソン大会でビリだった僕が20kmをあくびしながら走るようになったせこいマインドとちっちゃな技術

スポンサーリンク

たいきちです。

今回は、題名の通りです。
僕が20km平気で走れるようになった
マインドとささいな技術についてお話しします。

ダイエットのためにランニングがベスト。
それが僕の答えです。

でも、長く走るのは大変。
だから長く走るコツをお伝えします。

ポイントは「半分」「続ける」です

ブログで何度も申し上げた通り
僕は以前、マラソン大会でビリばかりでした。

そんな僕がなぜ走れるようになったのか。

結局僕は単純な二つのことを続けたからです。
今日はその些細な二つのことをご説明します。

まずは走り出す時の考え方についてです。

例えば10kmのランニング。
これは僕が毎日走っていた距離です。

結構遠いですね。
歩くとなると2時間。
東京の電車区間だと3~4駅くらいでしょうか。

僕はこんなとき、どうしていたかというと
「半分」を意識していました。
10km走るのであれば5km。
そこをさらに半分にすれば2.5km。
僕が毎日走っていたルートも2.5kmでした。

そして自分の頭に言い聞かせます。

1周目
まだ始まったばかり。余裕。

2周目
これを過ぎればもう半分。

3周目
もう半分過ぎた。できる。

4周目
終わり。余裕余裕。

こんな感じです。

えっ、そんなこと?
って思われるかもしれません。
そんなのもうやってる。
そんな方がいらっしゃるかもしれません。

でも、この考え方
本当に効きます。
バカみたいだけれど
どんなに長くても走りきれます。
20kmはこれを倍にしただけです。

これのいい所は応用が利くところです。
長くて面倒な仕事も同じマインドです。
キツい業務も半分に割って、
とりあえず半分を目指す。
半分過ぎたらラストを目指す。

言葉にして余裕なふり
までセットにしてぜひ試してください。

次にランニングのちょっとした技術。

フォームは本や動画で学べます。
では、何をお伝えするか。

どんなに遅くとも走ることをやめない

これです。

走っていると思えないくらい
ゆっくりでもかまいません。
自分では走っていると思えるくらいの
足の運びだけ続けてください。

まわりの目は気にしない。
どんなに遅くともいいので走り続ける。

それだけです。

結局、遅い自分が恥ずかしいから
ペースを乱したりするんですよね。
だから
ペースを整えることを最優先
にしてしまうんです。

ゆっくりでもいい。
とにかく呼吸をテンポ良くして
ペース最優先で足を動かすんです。

これを積み重ねていけば
走る距離はどんどん伸ばせます。

もちろん、いきなり10kmなんて走ってはいけません。
まずはそれを1kmから。

半分を意識しながら
余裕ぶって
ペース優先で走り続ける。

これが結論です。

バカバカしいかもしれませんが、
この考え方で30kg体重を落とせました。

バカバカしくともやってみる。
それがダイエットの第一歩だと
僕は思っています。

自分を少しごまかして、走ってみませんか?
ビリだった僕がえらそうに言うのも何ですが
結構、いい汗かけますよ。

もし、走るのが嫌だとしても、
プロの指導を受けながら
楽しく運動を始めてみるのも
いいと思います。

無料でスタートしてみて、
自分に合うかどうか
試してみるのもアリでしょう。

大事なことはやってみることです。

半分を意識しながら
「まだ始まったばかり」
「終わりまでもう少し」
そんな風に考えながら
ものすごくゆっくり
ギリギリの遅さで走ってみましょう。

これを繰り返せば
必ず何十キロも走れるようになりますよ。

ダイエット
たいきちのかんがえごと 〜ニュースと山とダイエット〜