ダイエットの時の食事は……肉良し、野菜良し、ごはん良し。気をつけた方がいいのはカロリーだけ。

スポンサーリンク

たいきちです。

その前に、すみません。
まずは食事を気にすることは体力がついてきてから。

何度も申し上げますが、健康一番!
無理をしすぎて体を壊さないでください。

このことだけは忘れないようにお願いします。

では、あらためて……
今回は、ダイエットのときの食事についてご説明します。
お話しする内容はこちら。

・絶対に食べていけないものはない。でも、これだけは……。
・楽な食事のメニューは?
・プロテインは必要?

何度も申し上げますが、これは僕が30kg体重を落とした時のお話です。
個人差はもちろんあるはず。
僕が目指したのは、マイペースで続けよう、ただそれだけ。
マイペースで続けられればどんどんやり方を変えてください。
くれぐれも、絶対に記事のメニューと同じにする、なんて思わないでください。
ご自分にあった所だけ実行してくださいね。

絶対に食べていけないものはない。

まずはこちらから。
もう結論通りです。
食べることを徹底的に我慢する必要は無いです。
断言します。

糖質がダメ。
脂質を多く取りすぎるな。
そんなこと気にしないでください。

むしろバランスよく食べてもらえれば十分。
必要な栄養素を取らずに体を壊しては無意味です。
だったらむしろ、太ったままでいた方がいい。
大事なのは痩せた体でなく健康。

たまにガッツリ食べたくなる時もあります。
その時は食べてください。

ただし、やって欲しいのはカロリー管理

食べたもののカロリー。
今ならいくらでもネットで調べられます。
どれぐらい食べたのか、
どれぐらいオーバーしてしまったのか。
どれくらい我慢したのか。
しっかりとスマホやノートに記録しましょう
カロリー管理の大切さについては、以下のリンクをご覧下さい。

バランスよく食べて、カロリーを計算する
これだけ、意識してください。

楽な食事のメニューは?

ダイエットメニュー、色々ありますね。
これも好きなものを食べていいです。
きちんとカロリーだけは計算してくださいね。

朝食をコンビニで済ます方も多いと思います。
ただ、僕がお勧めするのは吉野家

もちろん、松屋でもすき屋でもいいです。

おかず、お新香、お汁。
バランスよく注文できます。

僕がよく食べていたのは焼き魚定食。
そしてもう一つは単品でごはん、豚汁、おしんこ。
どちらも野菜も食べれて500kcal程度。
シンプルな組み合わせで飽きません。
もちろん、普通に牛丼豚丼でもO.K.

案外、同じメニューを続けてもいけます。
飽きがこない味ってあります。
イチローがカレーばかり食べていた、なんてお話がありますね。
朝食を選ぶこと、頭から除外すると行動がしやすくなるのでおすすめです。
値段もバランスを考えるとコンビニで買うより安く済みます
あったかいお茶もいただけますし。

プロテインは必要?

うーん。
これは正直分かりません

食事制限をしていた時は、立派なカロリー補給の役割を果たしていました。
それを飲み続けたからもしかしたら続けられたのかもしれません。
でも、プロテインというタンパク質を摂取している、という気持ち。
確かに長距離を走るときに大きな助けになっていました

どんなに安くとも数千円以上の出費。
まとめ買いをして少しでも安く済ませちゃいましょう

ちなみに僕は昔、プロテインってめちゃくちゃ体に悪いものだと思っていました。
「なんかオリンピック選手があとでもんだいになっていたよな〜」とか。

それは「ドーピング」ですね。
同じカタカナで勘違いしていました。
ドーピングは薬品による無理な体力強化。
プロテインはタンパク質。
全然別物でプロテインは無害です。
昔の僕みたいに勘違いしている方がいるかもしれないので念のため。

タンパク質を取って悪いことはありません。
お金に余裕があるのなら、積極的に摂取しましょう!

痩せる基本は運動。
しっかりとご自分にあった運動を決めて、マイペースで続けよう、です。

以上です。
まとめると以下の通り。

・絶対に食べていけないものはない。でも、これだけは……。
→好き嫌いせずにバランス良く。
 でもカロリーの記録はしっかりつける。


・楽な食事のメニューは?
→コンビニよりは吉野家の方がおすすめ。
 定食や単品とサイドメニューで。


・プロテインは必要?
→お金に余裕があれば積極的に。

相変わらず、大ざっぱなダイエット。
でも、30kgまでなら体重を落とせる保証はあります。

がんばって行きましょう!